高額 宝くじk8 カジノ「Windows RT」、「8」とは何が違うんでしたっけ?仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 チャート アプリ

高額 宝くじk8 カジノ「Windows RT」、「8」とは何が違うんでしたっけ?仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 チャート アプリ

高額 宝くじk8 カジノ「Windows RT」、「8」とは何が違うんでしたっけ?仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 チャート アプリ

獣 神 サンダー ライガー 鬼神k8 カジノ Q:「Windows RT」って何? Windows 8とどう違うの?photoWindows RTを搭載する「Surface RT」

スロット 押す 番長 Windows RTは、Windows 8と同じユーザーインタフェースを持つ、タッチパネル+ARM搭載モバイル機器向けのOSである。

 Windows 8との違いは、

「ARMアーキテクチャ」を採用するマシンで動作するOfficeが標準で付属するx86/x64アプリケーションは動作しない単体販売はなし

 など。ユーザーインタフェースこそWindows 8とほぼ同じだが、従来までのWindows用ソフトウェア(x86/x64アプリケーション)は動作しない──のが特に大きな違いになる。


photoWindows 8のシステム構成図。このうちWinRT APIを中心に、Win32を除く部分をWindows RTではサポートする

 改めて、Windows RTは組み込み機器、そしてスマートフォン/タブレットですでに馴染みあるものになりつつある「ARMアーキテクチャ」──で動作するWindowsを目標に、Microsoftが開発したOSだ。操作方法もWindows 8と同等で、Windows 8で採用された「WinRT API(Windows Runtime API)」をサポートし、Windowsストアから「Windows 8スタイル(旧:Metroスタイル)」のアプリをダウンロードして、それらを“ほぼ”利用できる。

 “ほぼ”としたのは、プロセッサの違いやパフォーマンスなどの問題から、アプリによっては対応しない/非対応として公開される可能性があるためだ(以前、定番Windowsストアアプリを紹介した通り、定番どころはおおむねARM/Windows RTも対応しているが)。

 また、従来のWindowsソフトウェア(x86/x64アプリケーション)は動作せず、Windowsストア経由以外でのアプリ追加・入手も原則として行えない。その代わり「Office 2013 RT」という、Word 2013 RT、Excel 2013 RT、PowerPoint 2013 RT、OneNote 2013 RTを包括したオフィススイートが標準で含まれている。

photoフランス・ニース渡航時に見かけた、Windows RT搭載「Surface RT」の街頭広告。撮影日当日はこれ以外に新聞広告から駅の装飾までSurface RT一色だった

 Windows RTのもう1つの特徴は、OSとして単体提供されることはなく、必ずハードウェアにプリインストールされた状態で提供されることだ。日本での主要モデルは、まずマイクロソフトの「Surface RT」がある。Surface RTはNVIDIA「Tegra 3」というモバイル向けのARMプロセッサを搭載した10.6型サイズのWindowsタブレットである。自立可能なスタンド(キックスタンド)を内蔵し、また純正の専用キーボード「Touch Cover」「Type Cover」も用意することで、iPad(iOS)やNexus 7(Android)など他OS搭載タブレットとはキーボード入力=作成・創造環境も重視したポイントを同社は推している。

特集:「Surface RT」の“ここ”が気になる

 また、ラインアップはなかなか増えないが……ほかにもASUS「VivoTab RT TF600T」、NEC「LaVie Y」といったRT搭載マシンもある。VivoTab RT TF600Tも着脱可能なキーボードドックをオプションで用意し、タブレットとノートPC、双方のニーズをある程度カバーできるのが特長。LaVie Yは360度回転ディスプレイの機構を備え、普段はノートPC、折りたたんでタブレット──として使えるよう、機構にひと工夫がなされている。

photophotoWindows RT搭載コンバーチブルタブレット「LaVie Y」キーボードが着脱できるWindows RTタブレット――「VivoTab RT TF600」はどう使う?写真と動画で見る「LaVie Y」──Windows RTで何ができる?

 これらは、機能的にはタッチ操作の部分も含めてSurface RTとほぼ一緒だが、“もっと”ノートPC的な使い方ができる──という部分でアピールポイントに少し違いがある。Surface RTでカバーキーボードを使うには机などしっかり安定する場所へ置いて使う必要があるが、VivoTabやLaVie Yなど通常スタイルのキーボードが利用できるなら、普通のノートPCと同じようにヒザの上など若干不安定な場所でも比較的容易に扱える。

 では、Windows 8に対してWindows RTを使うメリットは何か。

 低消費電力性が特徴のARMプロセッサを採用する機器ということで、やはり全体的に省電力性=モバイル性や長時間動作性能に重点を置いた設計となっているのが強みだ。バッテリー動作時間は現時点でも10時間クラスを実現し、ボディも薄型軽量化を推進しやすい。Webサイト表示、ブラウザで動作するWebアプリケーション、メールを中心にPC+インターネットサービスを活用するための機器とするのに十分な性能を備え、そして(マクロやアドインなど、通常(x86版)のOffice比で一部非サポートとなる機能はあるが)「純正のMicrosoft Office付き」である点が大きなメリットとして挙られる。

 一方のデメリットは、やはり「とはいえ、これまでのWindowsソフトウェアは動作しない」ことだ。また、現時点のラインアップにおいては本体内蔵ストレージが32G~64Gバイトほどと一般Windows PC比でとても少なく、さらにアプリケーションも入手しにくい。プリインストール以外のアプリケーションの導入はWindowsストア経由に限られ、やはりこれまでWindowsベースで運用していた業務ソフトウェアもそのままでは利用できない(もちろん、ARM対応版、あるいはWebアプリ版などを別途作成する、あるいは別途通常のWindows PCを用意し、リモートアクセス/リモートデスクトップ機能を用いるなどの方法はある)。Windowsという名称こそ冠しているが、これまでのWindowsとはソフトウェア上の一貫性がない点はなかなか残念だ。

 とはいえ、このデメリットさえ把握していれば割り切って使える魅力あるデザインのタブレットであり、その優れた携帯性と合わせてもっと活用できるようになる可能性は十分に残している、と思う。今後のWindowsストアの拡充しだいといえる。

「鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」」バックナンバー 「Windows 9(仮称)」が今夜明らかに?――Microsoftイベントの見どころWindows 9(仮称)に搭載されそうな「Siri」対抗の機能とは?Windows 9(仮称)のプレビューは9月30日に公開か?――見えてきた次期OSの姿Windows UpdateのPC起動不能トラブルがもたらす「別の大きな問題」とは?XP終了で慌てている間に、ジワジワ迫る「Vista」と「IE8」の寿命Windows 8.1 Update 2は結局どうなったのか?――見えてきた次期OS「Threshold」への道3つのOSを1つにする「次期Windows」で何が変わるのか?――消えたSurface Miniの行方スマホ/タブレットをWindows PCと手軽に連携するには?――「OneDrive」使いこなしテク【モバイルOS編】日本でも“年内に1Tバイト?”のオンラインストレージ――「OneDrive」使いこなしテク【活用編】“15Gバイトが無料”になったWindows標準オンラインストレージ――「OneDrive」使いこなしテク【基礎編】Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100~200ドルが主戦場へ本日発売の「Surface Pro 3」を使って感じたこと――本気でタブレット市場の攻略に乗り出すマイクロソフト日本での個人向け提供も決まった「Office 365」、今後はどう進化するのか?FIFAワールドカップ、翠星のガルガンティア、Surface Pro 3、Xbox Oneも――日本マイクロソフト「独自の試み」に注目改めて注意! 「8.1 Update」非適用のWindows 8.1はすでにアップデート対象外Appleの「Swift」で何やら騒がしい開発言語事情をまとめるサポート切れのWindows XPが“サポートされ続ける”事情Internet Explorer 11の新機能にみる「Windows 2020年問題」とは?「10型でも4K」の時代へ――急激なディスプレイ精細化にWindowsはどう対応するか?Windows Phoneの「マルチタスク」は“8.1”でどうなったのか?PCでもスマホでもタブレットでも動く――Windowsの秘策「ユニバーサルアプリ」とは?「Windows 8.1 Update」は確かな改善だが、発展途上にある“Next Windows”の動きを整理する――新UI、ユニバーサルアプリ、小型端末/IoT向けOS無料化Office for iPadだけじゃない――iOSやAndroidでWindows系サービスを賢く使う方法OS無料化だけじゃない――Windowsタブレットが今後大きな勢力になる要因今後のMicrosoftに期待すること――「Build 2014」間もなく開催もうすぐ提供開始? Windows 8.1 Update 1の新機能をおさらいXPサポート終了、“より深刻”な課題──「ATM、レジスター対応」が怖いXPサポート終了、あなたにも影響するかもしれない“見落とされがち”なリスクWindows XPを使い続けている「家族や友人」を助けてあげてほしい「3Dプリンタ」は、Windows 8.1の対応でブレイクするか2014年のWindowsを時系列で整理する──9? 次期Windowsの名称は何になるのか2014年のPC業界はどこへどのように進むのか知っているとちょっとだけ便利、Windows 8.1 使いこなしTips──「簡単シャットダウン」編知っているとちょっとだけ便利、Windows 8.1 使いこなしTips──「ストアアプリから外部ストレージを参照する方法」編知っているとちょっとだけ便利、Windows 8.1 使いこなしTips──「ストアアプリ終了と再起動」編次期Windows「Threshold」続報──Microsoftは新OSでどう挽回するのか日本でもついに開始──「Xbox Music」ファーストインプレッションなぜかWindows 8.1は「タイムゾーンの自動調整機能」がない──なのでぷち工夫してみた次期Windowsは2015年春登場? 開発コード名「Threshold」とはWindows 8.1+「SkyDrive」を使いこなす──「オフライン機能」編「SkyDrive」使いこなしTips──「設定同期」と「モバイルデータ通信時の場合」編「Surface 2」インプレッション──Surface 2/Surface Pro 2はどれだけ速くなった?「Surface 2」インプレッション──旧世代からの“ほう、なるほど”な変更点を探る最初に行う「Windows 8.1のカスタマイズ」──「スタートボタン」「デスクトップ」編アップデートには時間と根気が必要っ──NY発 「Windows 8.1」即インストールリポートこれを用意しておこう──旧OSユーザーのための「Windows 8.1」導入ガイド(アップデート準備編)まもなく登場──旧OSユーザーのための「Windows 8.1」導入ガイド(基礎知識編)「Surface 2/Pro 2」は3G/LTEを内蔵しないのだろうかNokia携帯部門買収、「Surface 2」の評価したい部分Windows 8.1の「3Dプリンタ対応」って、どういうこと?「Windows 8.1タブレット」は、iPad mini/Nexus 7に対抗できるのかWindows 8.1新機能チェック──強化された「マルチディスプレイ環境」Snapdragon+LTE内蔵版も? 次期「Surface」はどうなるか「Surface」はどうなる? バルマーCEO「One Microsoft」戦略の意図Windows 8.1に機能が“退化”した標準アプリがある?──その理由を探る「Windows 8.1」新機能チェック──統合が進んだSkyDrive、「オフライン機能」に注目「Windows 8.1」新機能チェック──「Internet Explorer 11」は何が変わるのか「Windows 8.1」新機能チェック──Modern UI「可変ウインドウサイズ」を考察そういえば「Office 365」って何でしたっけ?──いくつかあるOffice製品の違いを改めて解説Skype起動で表示される「アカウント統合」、具体的にはどういうこと?そういえば、なぜWindows 8は「スタートボタン」がなくなったんでしたっけ?スタートボタンが復活──「Windows 8.1」はどこが変わるのか「Windows RT」、「8」とは何が違うんでしたっけ?「Windows Blue」って何?「2014年問題/XPサポート終了」って何?Windowsストアアプリ、「Windows RT非対応」のアプリもあるの?改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──暇つぶしゲーム&デスクトップツール編改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──クラウドサービス系アプリ編改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──SNS系アプリ編「これから買うもん!」というあなたのために──「初回起動」編「これから買うもん!」というあなたのために──「アップグレードアシスタント」編「これから買うもん!」というあなたのために──「アップグレードインストール」編「これから買うもん!」というあなたのために──「もう一度確認するエディション」編最初に覚えたい必須操作──「ショートカット」編最初に覚えたい必須操作──「マウス操作」編最初に覚えたい必須操作──「チャーム」編最初に覚えたい必須操作──「スタート画面」編関連キーワードWindows 8 | Windows 8.1 | タブレット | Windowsタブレット | 大規模アップデート | Windows RT | Windows Store仮想通貨カジノパチンコcl セカンド レグ

コメントを残す

業界連盟:パチンコ ティガ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap