パチスロ ヤッターマンk8 カジノ「2014年問題/XPサポート終了」って何?仮想通貨カジノパチンコカジ 旅 違法

パチスロ ヤッターマンk8 カジノ「2014年問題/XPサポート終了」って何?仮想通貨カジノパチンコカジ 旅 違法

パチスロ ヤッターマンk8 カジノ「2014年問題/XPサポート終了」って何?仮想通貨カジノパチンコカジ 旅 違法

チャット 麻雀k8 カジノ

パチスロ 規制 2ch Windows 8/RTが登場し、早いもので、すでにもう半年が経過した。

 だが同時に、さまざまなニュースや話題が氾濫していることで、“何らか”で混乱している人もいるかもしれない。今月は「Windows 8/RTいまさら聞けない疑問解決」月間とし、これら情報をQ&A形式でまとめてみよう。

Q:Windows XPのサポート終了が話題になっているけど、どういうこと? どんな影響があるの?photoWindows 製品のサポート ライフサイクルについて

 Windowsは製品提供開始から計10年(メインストリーム最低5年、延長サポート最低5年)でサポートが切れ、以後はセキュリティアップデートの提供が行われなくなる。Microsoftはこれを対象バージョンのライフサイクル期間として設定している。

 サポートが切れても使い続けることはできる。ただし、セキュリティリスクがあるまま使い続けることは推奨できない。マルウェア感染や不正アクセスの踏み台になるなど、PCにさまざまなトラブルが発生する可能性が飛躍的に高まるためだ。

 なお、Windows (ひとまずXPから8まで)のサポート期間は、マイクロソフトWebサイト「Windows 製品のサポート ライフサイクル について」によると、

バージョンサポート終了日(延長サポート終了日)メインストリームサポート終了日Windows XP2014年4月8日2009年4月14日(終了済み)Windows Vista2017年4月11日2012年4月10日(終了済み)Windows 72020年1月14日2015年1月13日Windows 82023年1月10日2018年1月9日2013年5月現在

 となっている。

 Windowsのサポート期間はおおまかに「メインストリームサポート」と「延長サポート」の2つの期間に分かれ、それぞれ最大5年ずつの周期で区切られている。

 以前までは一般ユーザー向け(コンシューマー)の製品と企業向けの製品でサポート期間が区別されていた。一般ユーザー向けエディションはメインストリームサポート終了(5年)まで、企業ユーザー向けエディションはさらに延長サポート(プラス5年)が追加提供される形だった。ただWindows XPについては、それを使い続けるユーザーが多く、かつそれを望むニーズが多々ある理由もあり、何度かの期間延長を続けたあと、最終的にすべてのユーザーに対して「5年の延長サポートを合わせた、発売日から10年のサポート期間」が提供されることになった。Windows XPについては、Office 2003、Internet Explorer 6とともに2014年4月8日(日本時間では同年4月9日)にサポート期間が終了する。

 (※初出時、Officeのバージョン表記が誤っておりました。正しくは上記の通りです。お詫びして訂正いたします)

 サポート期間が終了する、とはどういうことか。どんなことが起こるか?

 基本的に、Windowsに対して「サービスパック」などの積極的な機能追加・更新やアップデートが提供されるのは「メインストリームサポート」までの期間となる。以後はセキュリティ対策やバグ修正といった、緊急を要するメンテナンスアップデートのみとするサポート体制に移行する。

 延長サポートも終了し、いっさいアップデートが提供されなくなるとどうなるか。インターネットの世界では、悪意を持った第三者が世界中のネットワークに接続されたマシンや個人情報を狙っており、セキュリティ上の脆弱性を狙った攻撃を日々繰り返している──のはご存じだと思う。その状況で、もし新たな脆弱性が延長サポート終了後のバージョンで見つかったとしても、OS側で対策されない(アップデートが提供されない)ため、その脆弱性を突いた攻撃には無力になる。

 もちろん別途導入するセキュリティ対策ソフトウェア側である程度の対応・対策はできるだろう。ただ、OSそのものが脆弱な状態なので、個人ユーザーはもちろん、ビジネスシーンで使用するには多大なリスクが発生することになる。Microsoftは6年前(2007年)よりこのことをアナウンスし、早期移行を促していた。

 とはいえ、ビジネスシーンでは、サポート期限が残り1年となった2013年4月現在も40%以上が依然Windows XPを使い続けているという調査結果がある。特にビジネスシーンではXPの機能で困っていないと想定されること、そして移行において業務で使用するソフトウェアや機器の動作検証に時間と手間、コストが多々かかるためだ。「それは分かっている。そうはいっても…」というのが企業側の率直な現状であろう。このことを総じて、業界では「2014年問題」と呼ばれている。


 サポート期間が終了したからといって、WindowsないしPCそのものが使えなくなるわけではない。ただ、使い続けることは業務遂行の大きなリスクになる。日本マイクロソフトは2013年4月9日より1年間を「移行支援強化期間」とし、専用の電話相談窓口を設け、ソフトウェア割引販売、移行にかかる費用や工数などを相談できる支援策を実施している。“そうは言っても……”と心配する、特に専任のIT担当者を設置していない中小企業層はこの相談窓口をぜひ活用してもらいたい。

 ちなみに、上記で示した延長サポートの期間はメインストリームサポート期間中に提供される「最新のサービスパックを適用していること」が前提となるので、こちらも注意してほしい(すでにメインストリームサポートが終了しているバージョンではどうしようもないが……)。もし最新のサービスパックでない場合、実際の延長サポート期間はもっと短くなり、セキュリティアップデートの提供も行われなくなる。

「鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」」バックナンバー 「Windows 9(仮称)」が今夜明らかに?――Microsoftイベントの見どころWindows 9(仮称)に搭載されそうな「Siri」対抗の機能とは?Windows 9(仮称)のプレビューは9月30日に公開か?――見えてきた次期OSの姿Windows UpdateのPC起動不能トラブルがもたらす「別の大きな問題」とは?XP終了で慌てている間に、ジワジワ迫る「Vista」と「IE8」の寿命Windows 8.1 Update 2は結局どうなったのか?――見えてきた次期OS「Threshold」への道3つのOSを1つにする「次期Windows」で何が変わるのか?――消えたSurface Miniの行方スマホ/タブレットをWindows PCと手軽に連携するには?――「OneDrive」使いこなしテク【モバイルOS編】日本でも“年内に1Tバイト?”のオンラインストレージ――「OneDrive」使いこなしテク【活用編】“15Gバイトが無料”になったWindows標準オンラインストレージ――「OneDrive」使いこなしテク【基礎編】Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100~200ドルが主戦場へ本日発売の「Surface Pro 3」を使って感じたこと――本気でタブレット市場の攻略に乗り出すマイクロソフト日本での個人向け提供も決まった「Office 365」、今後はどう進化するのか?FIFAワールドカップ、翠星のガルガンティア、Surface Pro 3、Xbox Oneも――日本マイクロソフト「独自の試み」に注目改めて注意! 「8.1 Update」非適用のWindows 8.1はすでにアップデート対象外Appleの「Swift」で何やら騒がしい開発言語事情をまとめるサポート切れのWindows XPが“サポートされ続ける”事情Internet Explorer 11の新機能にみる「Windows 2020年問題」とは?「10型でも4K」の時代へ――急激なディスプレイ精細化にWindowsはどう対応するか?Windows Phoneの「マルチタスク」は“8.1”でどうなったのか?PCでもスマホでもタブレットでも動く――Windowsの秘策「ユニバーサルアプリ」とは?「Windows 8.1 Update」は確かな改善だが、発展途上にある“Next Windows”の動きを整理する――新UI、ユニバーサルアプリ、小型端末/IoT向けOS無料化Office for iPadだけじゃない――iOSやAndroidでWindows系サービスを賢く使う方法OS無料化だけじゃない――Windowsタブレットが今後大きな勢力になる要因今後のMicrosoftに期待すること――「Build 2014」間もなく開催もうすぐ提供開始? Windows 8.1 Update 1の新機能をおさらいXPサポート終了、“より深刻”な課題──「ATM、レジスター対応」が怖いXPサポート終了、あなたにも影響するかもしれない“見落とされがち”なリスクWindows XPを使い続けている「家族や友人」を助けてあげてほしい「3Dプリンタ」は、Windows 8.1の対応でブレイクするか2014年のWindowsを時系列で整理する──9? 次期Windowsの名称は何になるのか2014年のPC業界はどこへどのように進むのか知っているとちょっとだけ便利、Windows 8.1 使いこなしTips──「簡単シャットダウン」編知っているとちょっとだけ便利、Windows 8.1 使いこなしTips──「ストアアプリから外部ストレージを参照する方法」編知っているとちょっとだけ便利、Windows 8.1 使いこなしTips──「ストアアプリ終了と再起動」編次期Windows「Threshold」続報──Microsoftは新OSでどう挽回するのか日本でもついに開始──「Xbox Music」ファーストインプレッションなぜかWindows 8.1は「タイムゾーンの自動調整機能」がない──なのでぷち工夫してみた次期Windowsは2015年春登場? 開発コード名「Threshold」とはWindows 8.1+「SkyDrive」を使いこなす──「オフライン機能」編「SkyDrive」使いこなしTips──「設定同期」と「モバイルデータ通信時の場合」編「Surface 2」インプレッション──Surface 2/Surface Pro 2はどれだけ速くなった?「Surface 2」インプレッション──旧世代からの“ほう、なるほど”な変更点を探る最初に行う「Windows 8.1のカスタマイズ」──「スタートボタン」「デスクトップ」編アップデートには時間と根気が必要っ──NY発 「Windows 8.1」即インストールリポートこれを用意しておこう──旧OSユーザーのための「Windows 8.1」導入ガイド(アップデート準備編)まもなく登場──旧OSユーザーのための「Windows 8.1」導入ガイド(基礎知識編)「Surface 2/Pro 2」は3G/LTEを内蔵しないのだろうかNokia携帯部門買収、「Surface 2」の評価したい部分Windows 8.1の「3Dプリンタ対応」って、どういうこと?「Windows 8.1タブレット」は、iPad mini/Nexus 7に対抗できるのかWindows 8.1新機能チェック──強化された「マルチディスプレイ環境」Snapdragon+LTE内蔵版も? 次期「Surface」はどうなるか「Surface」はどうなる? バルマーCEO「One Microsoft」戦略の意図Windows 8.1に機能が“退化”した標準アプリがある?──その理由を探る「Windows 8.1」新機能チェック──統合が進んだSkyDrive、「オフライン機能」に注目「Windows 8.1」新機能チェック──「Internet Explorer 11」は何が変わるのか「Windows 8.1」新機能チェック──Modern UI「可変ウインドウサイズ」を考察そういえば「Office 365」って何でしたっけ?──いくつかあるOffice製品の違いを改めて解説Skype起動で表示される「アカウント統合」、具体的にはどういうこと?そういえば、なぜWindows 8は「スタートボタン」がなくなったんでしたっけ?スタートボタンが復活──「Windows 8.1」はどこが変わるのか「Windows RT」、「8」とは何が違うんでしたっけ?「Windows Blue」って何?「2014年問題/XPサポート終了」って何?Windowsストアアプリ、「Windows RT非対応」のアプリもあるの?改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──暇つぶしゲーム&デスクトップツール編改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──クラウドサービス系アプリ編改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──SNS系アプリ編「これから買うもん!」というあなたのために──「初回起動」編「これから買うもん!」というあなたのために──「アップグレードアシスタント」編「これから買うもん!」というあなたのために──「アップグレードインストール」編「これから買うもん!」というあなたのために──「もう一度確認するエディション」編最初に覚えたい必須操作──「ショートカット」編最初に覚えたい必須操作──「マウス操作」編最初に覚えたい必須操作──「チャーム」編最初に覚えたい必須操作──「スタート画面」編関連キーワードWindows | サポート終了 | Windows XP | Windows 8 | Microsoft | Internet Explorer 6 | セキュリティリスク | Windows 7 | Windows Vista仮想通貨カジノパチンコチャンピオン チャンピオンズ リーグ

コメントを残す

業界連盟:パチンコ ティガ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8カジノ k8 出金 |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap